DAMBALLAがネットワンシステムズとパートナー契約を締結、 DAMBALLA CSPを日本市場に投入

DAMBALLAがネットワンシステムズとパートナー契約を締結、 DAMBALLA CSPを日本市場に投入

日本の大手インテグレータがDAMBALLAとEliteパートナー契約を締結。

市場をリードするネットワークセキュリティモニタリングソリューションの再販へ

 

2015年11月4日 米国ジョージア州アトランタ発 — ネットワークセキュリティモニタリングを専門とするDAMBALLA Inc.(本社:米ジョージア州アトランタ、CEO:David Scholtz、以下 DAMBALLA)は、本日、インターネットおよびネットワークテクノロジーにおける日本のリーディングインテグレータであるネットワンシステムズ株式会社(本社:東京、代表取締役:吉野孝行、以下 ネットワンシステムズ)とパートナー契約を締結し、日本国内でのDAMBALLAのCommunication Service Provider (CSP) ソリューションの再販を開始することを発表しました。ネットワンシステムズは、DAMBALLAのEliteパートナーとして、DAMBALLAの代表的なエンタープライズ向けソリューションであるDAMBALLA Failsafe製品に加え、サービスプロバイダー向けにDAMBALLA CSPをネットワークセキュリティソリューションの1つとして再販していきます。ネットワークインテグレーション分野で25年以上の経験を持つネットワンシステムズは、サービスプロバイダーや公共団体、さまざまな産業および分野にわたる企業に対し、ネットワークインテグレーションやセキュリティのソリューションを提供しています。

 

DAMBALLAのCEO、David Scholtzは「サービスプロバイダーは、利用者をマルウェアや高度な脅威から守る立場にあります。DAMBALLAは、北米や欧州のサービスプロバイダーとのパートナーシップによって、グローバルインターネットトラフィックの約15%、世界で5億台の以上のデバイスをモニターし、脅威を可視化しています。今回のネットワンシステムズとのパートナー契約によって、インターネットトラフィックの全世界でのカバー領域をさらに拡大でき、当社のすべての顧客のプロテクションが一層強化されます。ネットワンシステムズは、日本最大手のインテグレータの1社として、日本の多くの大手企業にネットワークインテグレーションソリューションを提供しています。同社とパートナー契約できたことにより、日本という重要な市場で、DAMBALLAの脅威検知ソリューションを販売しインテグレーションすることが可能になりました」と話します。

 

DAMBALLA CSPは、サービスプロバイダーが必要とする利用者のセキュリティを確保し、高い品質のサービスを提供するための機能を実現します。これらの機能は、拡大の一途をたどるスマートデバイスや IoT(モノのインターネット)など、従来のエンドポイントセキュリティアプリケーションでは適切に対応できない対象が、新しい攻撃目標となっている状況下で非常に重要な存在となります。サービスプロバイダー各社は、DAMBALLA CSPによって、自社のインターネットサービスソリューションに直接セキュリティ機能を統合することが可能となり、運用の効率化を図ると共に、利用者向けのセキュリティ機能に対する投資から、最大のビジネス価値を引き出すことができます。DAMBALLA CSPは、アウトオブバンドでDNSトラフィックをモニターするため、脅威主体から検知されることがなく、また、ネットワークパフォーマンスに影響を与えることもありません。「非常に軽い」センサーを使い、個人特定情報 (PII – Personal Identification Information) を傍受することなく、数百万の利用者をモニターすることができます。

 

ネットワンシステムズの執行役員・CMOの篠浦文彦様は次のように述べています。「DAMBALLA CSPは、既に北米のトップ10のサービスプロバイダーの内8社で採用されており、ネットワンシステムズが、グローバルな脅威検知プロバイダーを評価した結果、DAMBALLAを選択したことも、ごく自然な結果と言えます。DAMBALLAとのパートナー契約が、当社の利用者にさらなる安心感を与えてくれるものと確信しています」

 

ネットワンシステムズについて

 

ネットワンシステムズ株式会社は、お客様の情報インフラを最適化することで戦略的な情報活用を促進し、ご導入頂くお客様の先のお客様への貢献も見据えて支援する企業です。そのために、常に世界の最先端技術動向を見極め、その組み合わせを検証して具現化するとともに、実際に自社内で実践することで利活用のノウハウも併せてお届けしています。

詳細は www.netone.co.jp をご覧ください。

 

 

DAMBALLAについて

 

DAMBALLAは、データに対する脅威の回避に必要となる脅威関連活動の証拠を提供するネットワークセキュリティモニタリングシステムです。DAMBALLAは、境界防御をすり抜け、業務リスクとなる脅威主体を検知します。また、DAMBALLAの自動化されたシステムは、攻撃目標やデバイスタイプ、OSなどに関わらず、リアルタイムに機能し続けます。攻撃主体が姿を現すまでに時間がかかりますが、一度姿を現せばDAMBALLAはその実態を明らかにして対策を講じます。DAMBALLAの特許取得済みソリューションは、世界のインターネットトラフィック全体の15%から構成されるビッグデータを利用し、脅威活動を自動的に検知し処分することで、データの盗難を防止し、業務停止を最小限に抑え、対応と対策に必要な時間を最小化することができます。またDAMBALLAでは、PC、Mac、iOS、Android、組み込みシステムなど、デバイスやOSを問わず防御することができます。主な業界のエンタープライズや世界最大規模のISP、テレコムプロバイダーなどが所有する5億台以上のエンドポイントを防御しています。詳細については、Webサイトwww.damballa.com/jaでご覧いただけるほか、Twitterは @DamballaInc でフォローいただけます。

 

 

------------------------------------------------------

本件に関する一般からのお問い合わせ先

DAMBALLAジャパン

e-mail:japan@damballa.com

www.damballa.com/ja

------------------------------------------------------

報道関係のお問い合わせ先

DAMBALLA広報事務局

株式会社アルサープ内 河端・川口

e-mail:damballa@alsarpp.co.jp

TEL:03-4405-8773

------------------------------------------------------