ネットワンシステムズがDAMBALLA Failsafeを活用したセキュリティアセスメントサービスを開始

ネットワンシステムズがDAMBALLA Failsafeを活用したセキュリティアセスメントサービスを開始

DAMBALLAのEliteパートナーである大手システムインテグレーター、ネットワンシステムズ社が、DAMBALLA Failsafeの活用により、端末のピンポイント検知ならびに推奨セキュリティ対策を提案するセキュリティアセスメントサービスの提供を7月22日から開始しました。

 

このサービスは、サイバー攻撃が高度化し激しさを増す中、自社におけるマルウェア感染の状況把握や既存のセキュリティ対策の有効性の評価および対策の実行面を含め、根拠に基づき効果的に対策を実施していきたいとする大規模企業・官公庁・大学・自治体などの要望に応えるものです。

 

ビッグデータと機械学習を組み合わせて感染端末を自動検知するDAMBALLA Failsafeと、ネットワンシステムズ社がサポートするマルチベンダー製品の構成により実現したこの新たなセキュリティアセスメントサービスは、複数の要因から証拠を積み上げてマルウェア感染端末を判定し、その感染原因の特定までも可能にします。さらに感染原因と既存のセキュリティ対策に基づいて、ネットワンシステムズ社が境界防御、エンドポイント防御、出口対策などの多層的なセキュリティ対策を具体的なソリューションとともに提案します。

 

ネットワンシステムズ社が多数のカスタマーに侵入防御型のセキュリティソリューションを提供される中で、インテグレーターとして侵入発生を前提とした感染端末の特定をサービスとして立ち上げられたことをDAMBALLAジャパンは歓迎し、敬意を表します。DAMBALLAは感染という軽微な被害を自動で発見するインテリジェンスをもって、情報漏えいやランサムウェアなどによる実被害を食い止めるこの新たなサービスに貢献していくことができます。

このセキュリティアセスメントに関するネットワンシステムズ社の新たなサービスの詳細については、www.netone.co.jp をご参照ください。

 

 

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

【DAMBALLAについて】

 DAMBALLAは、迅速なインシデントレスポンスに必要となる感染端末の特定と、脅威活動の証拠情報を提供するセキュリティモニタリングシステムです。

 DAMBALLAは、境界防御をすり抜け、業務リスクとなる脅威主体を検知します。DAMBALLAの特許取得済みソリューションは、世界のインターネットトラフィック全体の15%から構成されるビッグデータを利用して脅威活動を自動的に検知し、アラートの嵐や誤検知で運用者を悩ませる事なく感染を確実に特定。迅速なインシデントレスポンスを促すことで、データの盗難を防止し業務停止を最小限に止めます。DAMBALLAの自動化されたシステムはリアルタイムに機能し続け、侵入後に潜伏し姿を現すまでに時間がかかる攻撃主体に対しても、一度姿を現せばDAMBALLAはその実態を明らかにして対策を講じることができます。またDAMBALLAは、PC、Mac、iOS、Android、組み込みシステムやIoT機器など、デバイスやOSを問わず脅威を検出することができます。主な業界の企業や団体、世界最大規模のISP、テレコムプロバイダーの配下にある7億5千万台以上のエンドポイントをモニターし続けています。

Webサイトは www.damballa.com/ja、Twitterは @DamballaInc

 

DAMBALLAジャパン e-mail:japan@damballa.com

 

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 報道関係より取材のお問い合わせ先:DAMBALLA広報事務局

TEL:03-4405-8773 e-mail:damballa@alsarpp.co.jp