Press Room

Body: 

DAMBALLAのEliteパートナーである大手システムインテグレーター、ネットワンシステムズ社が、DAMBALLA Failsafeの活用により、端末のピンポイント検知ならびに推奨セキュリティ対策を提案するセキュリティアセスメントサービスの提供を7月22日から開始しました。

 

このサービスは、サイバー攻撃が高度化し激しさを増す中、自社におけるマルウェア感染の状況把握や既存のセキュリティ対策の有効性の評価および対策の実行面を含め、根拠に基づき効果的に対策を実施していきたいとする大規模企業・官公庁・大学・自治体などの要望に応えるものです。

 

ビッグデータと機械学習を組み合わせて感染端末を自動検知するDAMBALLA Failsafeと、ネットワンシステムズ社がサポートするマルチベンダー製品の構成により実現したこの新たなセキュリティアセスメントサービスは、複数の要因から証拠を積み上げてマルウェア感染端末を判定し、その感染原因の特定までも可能にします。さらに感染原因と既存のセキュリティ対策に基づいて、ネットワンシステムズ社が境界防御、エンドポイント防御、出口対策などの多層的なセキュリティ対策を具体的なソリューションとともに提案します。

 

Read More

Body: 

マシンラーニングによるセキュリティインテリジェンスを基盤としたマルウェア感染モニタリングを提供するDAMBALLA Inc.(本社:米国ジョージア州アトランタ、CEO:デビッド・ショルツ、以下 DAMBALLA)はこのほど、ネットワーク機器やセキュリティ対策ソリューションを提供するマクニカソリューションズ株式会社(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:佐藤篤志、以下 マクニカソリューションズ)とリセラー契約を締結したことを発表します。

 

この契約により、マクニカソリューションズはDAMBALLAのEliteパートナーとして、DAMBALLAの代表的なエンタープライズ向けソリューションであるDAMBALLA Failsafeの拡販を実施していきます。

 

今回の発表を受けて、マクニカソリューションズ 事業統括責任者、齋藤拓哉氏は次のように述べています。

Read More

Body: 

サイバー犯罪の手口を追求することは、決して容易ではありません。攻撃側には、C&C (command and control) インフラから何でも購入し、また借りることができる地下組織があり、高度なエクスプロイトキットから純粋なマルウェアまで何でも手に入れることができます。このため、セキュリティに関わる専門家は先入観を捨て、新しい考え方で取り組むことが必要となります。

 

2016年Q1(第1四半期)の感染状況報告書では、DAMBALLAのThreat Discovery Centerが過去数ヶ月間追いかけてきた、いくつかのテーマについてご紹介します。すべてに共通して言えるのは、脅威主体者が何を望んでいるかについては知ることができないという点です。DAMBALLAでは、共通テクニックを浮き彫りにすることで、皆様がこれまでのセキュリティ管理の在り方を見直すきっかけを創出できればと考えています。

 

●非居留型マルウェア:

犯人側は、防御側が常に不利な立場になるように、そのインフラを移動し続けます。

例 : Pony Loader

●証拠隠滅型マルウェア:

痕跡を消し去るワイピング・マルウェアは、数ヶ月以上も、追跡から逃れることができます。

Read More

Body: 

DAMBALLAの国内認定パートナーである株式会社アズジェントから、2016年3月1日「セキュリティ・プラス セキュア・ドックMSS版」が発表、販売開始されました。

 

セキュア・ドックMSS版とは、DAMBALLA FailsafeソリューションとアズジェントのSOCサービスを組み合わせ、マネージドセキュリティサービスとしてマルウェア感染端末の発見と通知をユーザに提供するサービス商品です。

 

セキュア・ドックMSS版により、ユーザはDAMBALLA Failsafeをサービスとして即座に導入することが可能となります。標的型攻撃による情報漏洩への効果的な対策を実践し、急がれるCSIRTの整備を組織規模や熟練したセキュリティ担当者の有無を問わず、強力に推進することが可能となります。

 

セキュア・ドックMSS版の詳細は、アズジェントのウェブサイトをご参照ください。

http://www.asgent.co.jp

 

 

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

【DAMBALLAについて】

Read More

Body: 

インターネットからの標的型の脅威活動に関する高度なインテリジェンスで、インシデントレスポンスの自動化を提供する米DAMBALLA Inc.(ダンバラ)から、最新のセキュリティ脅威の研究に基づくセキュリティホワイトペーパーをお届けいたします。

最新のセキュリティ動向と対策のご参考としてご利用ください。

 

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

サイバー攻撃がビジネスに与える脅威は、いっそう高度化、多様化、そしてスピード化し、その対抗手段としてレピュテーションシステムが果たす役割もますます重要になっています。

 

本ホワイトペーパーでは、ネットワークを防御するセキュリティテクノロジーで使われているレピュテーションシステムを動的レピュテーションと静的レピュテーションの二つに分け、かつ動的レピュテーションにおいては時間経過により二つに分類した上で、それぞれの働きや信頼性、またセキュリティ防御に果たす役割と意味を考察しています。

 

このアプローチから、最新の“進化する脅威”がセキュリティシステムのブラックリスト入りすることを回避するようになってきた理由を解明していきます。

 

Read More

Body: 

Failsafe 6.1 のリリースによって、CSIRT・情報セキュリティ担当者は

より積極的なデータ漏洩の予防と阻止が可能に

 

 

【プレスリリース】

 高度なネットワークセキュリティモニタリングを専門とするソリューションベンダーである米DAMBALLA(ダンバラ:本社-米ジョージア州アトランタ、CEO:デビッド・ショルツ)は、本日、次世代の高度な脅威検知プラットフォームであるDAMBALLA Failsafe 6.1 の全貌を明らかにしました。Failsafe 6.1 では、新たなサードベンダー製品との連携や機能強化が図られており、これによって企業のCSIRT(computer Security Incident Response Team)や情報セキュリティ担当者は、自社のワークフローをよりシンプル化および迅速化し、データ漏洩発生以前に危険に遭遇する状況を回避できます。

 

 

Failsafe 6.1 リリースで提供される主要機能は以下の通りです:

 

Read More

Body: 

両社の機能連携によって活発化した感染挙動を検知し、

プロアクティブなポリシー・ドリブンの脅威対抗措置を講じることが可能に

 

【プレスリリース】

Read More

Body: 

2015年6月26日 米国ジョージア州アトランタ発 - 高度なセキュリティ防御および抑制のためのソリューションベンダーである米DAMBALLA(ダンバラ)は、本日、「2015年上半期 感染状況報告書」をリリース。どのような経路でデバイスが “クリック詐欺” に感染し、ランサムウェアのような、より重大なマルウェアに変化するかという点に着目した内容を報告しました。

 

本報告書では、当初、一見軽微に思えるクリック詐欺(例えば「クリック報酬型」詐欺)にデバイスが感染した場合、それがわずか2時間のうちに極めて悪質なランサムウェアであるCryptoWall の感染経路に化けるといった、言わばサイバー攻撃の「羊の皮をまとった狼」を例として挙げ、説明を行っています。

 

また、レベルの低い脅威が、いかにして深刻で重大な損害を与える感染の機会を拡大させるかという分析だけに留まらず、感染の可能性を最小限に抑えるために、悪意ある活動を短時間で特定することの重要性についても言及しています。概要は以下の通りです。

 

感染のライフサイクル

 

Read More

Body: 

【プレスリリース・参考日本語訳】2015年11月13日 米国ジョージア州アトランタ発 -高度なネットワークセキュリティモニタリングを専門とするソリューションベンダーである米DAMBALLA(ダンバラ)は、本日、北米のテクノロジー、メディア、通信、ライフサイエンスおよびエネルギー技術関連企業の中で成長率の高い500社をランキングした、デロイトの「Technology Fast 500™」に選定されたことを発表しました。今回の選定によりDAMBALLAは、2年連続でTechnology Fast 500に位置付けられたことになります。

 

DAMBALLAのCEO、David Scholtz(デビッド・ショルツ)は、次のように述べています。

Read More

Body: 

日本の大手インテグレータがDAMBALLAとEliteパートナー契約を締結。

市場をリードするネットワークセキュリティモニタリングソリューションの再販へ

 

Read More