Press Room

Body: 

It is our mission... 

Core Impactの最新リリースバージョン18.1は、特にユーザーすなわち「クライアント側」のテスト(フィッシングやソーシャルエンジニアリングタイプの攻撃)に焦点を当てたものになっています。

 

Read More

Body: 

 

 

国家安全保障に関する第一人者が、市場アプローチ、製品戦略、そして認証情報ベースのセキュリティ自動化ソリューションに関する助言を提供

Read More

Body: 

米国ジョージア州アトランタおよびカリフォルニア州アーバイン発 - 2017年9月20日 -脆弱性検知、認証情報のガバナンスおよび脅威管理のリーダー企業であるCore Securityと、アダプティブアクセスコントロールのリーダー企業であるCore Securityは、本日、米国連邦政府の承認を待って合併することを発表しました。合併後は、セキュリティ運用と、認証情報およびアクセス管理 (IAM) の両方に対して強みを持つ企業となり、セキュリティ運用に対する総合的なプラットフォームを提供できるようになります。合併後の会社の顧客数は1,500社以上、従業員数は360名となり、世界各地に拠点を置く、市場最大手の独立セキュリティテクノロジーベンダーの1社となります。

Read More

Body: 

― テスターが柔軟に使用可能なネームドユーザーライセンスも登場 ―

脆弱性、アクセスリスク管理、ネットワーク脅威検知および対応分野における情報セキュリティソリューションのリーダーカンパニーであるCore Security® (本社:米国ジョージア州アトランタ)は、本日、攻撃者が狙うセキュリティの脆弱性を特定し、評価とテストを行うための包括的なソフトウェアソリューションである「Core Impact」の最新バージョン、「2017 R2」のリリースを発表し、同時に日本国内での出荷を開始しました。

Core Impactは、Core Securityの統合セキュリティプラットフォーム「Actionable Insight platform and Remediation(AIR)」の脆弱性に関するソリューションを構成する製品の一つで、組織に対し的確で強力な侵入攻撃テストを実施することにより、最も緊急性が高いサイバーリスクを特定します。

Read More

Body: 

Damballa Network Insightに遡及型分析機能と新しい2つのビヘイビアプロファイルを追加

米国ジョージア州アトランタ(2017年7月20日)発 - 脆弱性、アクセスリスク管理、ネットワーク検知および対応におけるリーダーカンパニーであるCore Security® は、本日、Damballa Network Insight 6.3 のリリースを発表しました。新バージョンは本日より出荷可能です。6.3の新機能には、デバイスが不正行為を働くようになる前の状態を「振り返る」ことができる遡及型分析機能 (Retroactive Analysis) や、新しいビヘイビアプロファイルが追加されています。

Read More

Body: 

このたび、エイチ・シー・ネットワークス株式会社は、自社が開発・販売している認証ログ管理アプライアンス「LOG@Adapter」(ログアダプター)、および認証・アカウント管理・DHCPアプライアンス「Account@Adapter+」(アカウントアダプタープラス)を、ネットワンシステムズ株式会社が販売のCore Security社製で標的型攻撃や高度化したランサムウェアなどのマルウェアに感染した端末を迅速に特定する自動感染検知システム「Damballa Network Insight」、およびAPRESIA Systems株式会社製の認証スイッチ「Apresia13200-28GT」と組み合わせた連係検証を実施し、正しく動作することを確認しました。

この連係により、ランサムウェアなどのマルウェア感染が検知された端末をネットワークの末端レベルで遮断することが可能となり、よりセキュアなネットワーク環境が実現します。

 

連係動作概要

Read More

Body: 

ネットワークシステム・クラウド基盤ソリューションの専門企業が、

プロアクティブ対応ができる唯一のソリューションとして採用

― 自社ネットワーク環境の安全性を向上させ、CSIRT運用負荷を大幅に削減 ―

 

 

Read More

Body: 

アイデンティティ、脆弱性、ネットワーク検知を統合した

新しいセキュリティプラットフォームを発表

 

2016年10月19日 東京発 - 脆弱性管理、ネットワークとアクセスリスク管理のリーディング企業である米Core Security Corporation(コアセキュリティ、本社:ジョージア州ロズウェル)は本日、ネットワーク検知とレスポンス(対応)の専門企業であるDamballa Inc.(ダンバラ)の買収と、これによる日本市場におけるプレゼンスの拡大についての発表を東京で行いました。この買収によって、Core Security®のエンタープライズのセキュリティリスク管理および、あらゆるタイプのデバイスやオペレーティングシステムをサイバー攻撃から守ることができるソフトウェア ソリューション スイートのさらなる機能強化を行い、総合的な「Actionable Insight Platform」として、セキュリティリスクの阻止、検知、緩和、そしてセキュリティコントロールを持続的に検証できるようになります。

 

Read More

Body: 

 

アライドテレシス株式会社(本社 東京都品川区、代表取締役社長 大嶋章禎)と、DAMBALLAジャパン(東京都渋谷区、カントリーマネージャ 新免泰幸)は、アライドテレシスのSDN/アプリケーション連携ソリューション「Secure Enterprise SDN(SES)」と、DAMBALLAの標的型サイバー攻撃検知システム「DAMBALLA Failsafe」とを連携し、SDNによるネットワークセキュリティの強化ソリューションを提供していくことに合意しましたので発表いたします。

 

DAMBALLA Failsafeは、迅速なインシデントレスポンスに必要となる感染端末の特定と、脅威活動の証拠情報を提供するセキュリティモニタリングシステムです。DAMBALLAの特許取得済みソリューションは、世界中のインターネットトラフィックから機械学習によって脅威インテリジェンスを蓄積したビッグデータを利用して脅威活動を検知します。アラートの嵐や誤検知で運用者を悩ませる事なく感染端末を自動的かつ確実に特定し、リスク判定を提供することで、迅速なインシデントレスポンスを促し、データの盗難を防止し業務停止を最小限に止めます。

 

Read More

Body: 

2016年7月22日 米国ジョージア州アトランタ発 - 脆弱性とアクセスリスク管理の先端企業Core Security®は、本日、ネットワークの脅威検知と対応(インシデントレスポンス)に関する専門企業であるDAMBALLA社の買収を発表しました。これによりCore Securityは、企業全体に及ぶセキュリティリスクを管理し、各種の攻撃からあらゆるタイプのデバイスやオペレーティングシステムを保護する同社のソフトウェアソリューションをより強化することができるようになります。さらに今回の買収でCore Securityは、セキュリティリスクを抑止、検知、修正し、セキュリティコントロールを継続的に検証するための包括的なActionable Insight Platformを提供できる業界唯一のプロバイダーとなります。

 

 

Core Securityは、以下のマーケットソリューションを提供できる唯一のプロバイダーになりました:

 

Read More