Our Company

Core Security について

Divider text here
Core Securityは、アイデンティティ、アクセス、認証情報および脆弱性管理のための脅威アウェアなソリューションを提供します。
企業は、自社のデータのセキュリティ確保とデータのアクセス管理に責任を持ち、常にエンタープライズアプリケーションやサービスを提供可能な状態に維持する必要があります。Core Securityのアイデンティティ、アクセス、認証情報および脆弱性管理のための脅威アウェアなソリューションによって、アイデンティティ、セキュリティ、そしてリスク担当チームは、アクセスのコントロールや継続的なコンプライアンス対応が可能になります。

Core Securityのソリューションは、アイデンティティアクセスや企業全体のセキュリティリスクの統制に必要となる実践的なインテリジェンスとコンテキストを提供します。リアルタイムのアイデンティティ分析結果と、優先順位付けされたインフラストラクチャーの脆弱性を組み合わせることで、セキュリティの全体像に関するより包括的な理解が可能となります。また、分析結果からコンテキストとインテリジェンスが得られることで、情報に基づき優先順位付けされた、セキュリティ対策のための優れた意思決定が可能となります。これらによって、迅速かつ正確に不正アクセスを特定、検証、抑止して、セキュリティ上の脅威から身を守ることができます。

他社製品の多くは、他のエンタープライズシステムと密接に連携させたり、脆弱性を業務システムや重要なデータと関連付けしたりすることができません。業務上では、リスクの対象をアイデンティティアクセスや他のセキュリティコントロールと関連付ける必要があり、重要なシステムを防御するためには、強力な多段階認証機能を提供できなければなりません。お客様は、セキュリティや修正に関するCore Securityの分析中心型のアプローチによって、アクセスやアイデンティティの脆弱性管理を行い、リスクを最小限に抑え、継続的なコンプライアンス対応を行うこと可能となります。

様々なセキュリティ統制に関するインテリジェンスをお客様と共有し、一貫性のあるデータや優先順位付け手法、レポーティング機能などを駆使しながら、これまでお客様が手作業で処理してきたプロセスを自動化することで、脆弱性対応に必要な時間を短縮し、ユーザーアクセスやインフラストラクチャーに潜む脆弱性から重要なアセットを安全に保護します。企業は、Core Securityによっては、重要なデータやアセットの保護に対してより包括的で予防的な対応を取ることが可能になります。

詳しく知る

Divider text here
Core Securityの製品が、いかにセキュアなアクセスに有効であるかという点について、今すぐお問い合わせください。
お問い合わせ