Higher Education

教育機関

Divider text here
教員、生徒、そして学校をサイバー攻撃から守る
詳しく知る

教育機関概要

Divider text here
教育機関は、多くの教員や研究者に対して幅広くネットワークを開放する一方、そのITアセットやデータを防御する上で複雑な多くのセキュリティ課題に直面しています。

重大な脆弱リスクとアクセスリスクを発見し、優先順位付けする必要のある教育機関のセキュリティ担当者は、Core SecurityのActionable Insight および Response Platformを使用することで、効果的にリスクを特定し、防御メカニズムが正常に機能していることを確認しながら、必要なコンプライアンス監査に備えることができます。

機能

Divider text here

コンプライアンス遵守

教育機関のデータは、機密性の高い個人情報を含むため、情報の利用と保存に関して厳しいコンプライアンスガイドラインが適用されています。また、PCI-DSSのように、ペイメントカード情報をどのように受け入れ使用するかに関する規制にも従う必要があります。

攻撃の標的を縮小

大学はパーソナルデバイスを使用する学生であふれています。携帯電話やタブレットからPCに至るまで、すべてのデバイスの安全性を確認することは極めて困難です。BYODポリシーと脅威検知ソリューションを併用することで、ネットワークに接続可能なデバイス数を制限し、対象を確実にモニタリングすることができるようになります。

効率の向上

全ての学生や教職員は、それぞれの立場で最大限の責任を果たしています。しかし、彼ら全員にサーバーセキュリティのベストプラクティスを教える時間を見出すことは現実的に不可能です。Core Impactのようなツールがあれば、これらのユーザーがフィッシング詐欺のような攻撃に備えができているかどうかをテストし、必要に応じて教育を行うことができます。

ITコストの削減

多くの大学において、サーバーセキュリティに対する予算は決して十分とは言えず、最新の攻撃に対する適切なソリューションをいつも追い求めているというのが現状です。仮に攻撃を受ければ経済的な損失は免れませんが、その一方で誰もが最新のツールを購入する十分な予算を持てるとは限りません。ネットワークの包括的な可視化機能を提供し、アクセスリスクや脆弱性、さらにネットワーク上のデバイスをモニタリングすることで、限られたベンダー製品でより効果的に攻撃からアセットを守ることができます。

詳しく知る

Divider text here
Core Securityが、どのように教育機関に貢献できるかについてご理解いただけます。
詳しく知る