Healthcare

ヘルスケアサービス

Divider text here
ヘルスケアに関する記録データは、攻撃者にとって非常に価値あるものです。Core Securityは、ヘルスケア企業が所有するデータの持つ意味や、記録内容をセキュアに保つための方法について熟知しています。本ソリューションを導入し、脆弱性やアクセスリスクに関する継続的かつ包括的な監視を行うことによって、ヘルスケアサービス企業は、本来注力すべき職務である患者のケアに集中できるようになります。
詳しく知る

ヘルスケア概要

Divider text here
ヘルスケア企業は、データ、患者、従業員の安全を守るというプレッシャーに日々晒されています。ヘルスケア企業に対するCore Securityのソリューションは、単に監査に合格することだけを目的にしたものではありません。本ソリューションでは、継続的なモニタリングや企業内のアクセスリスクの優先順位付けを行い、適正な人物だけが、適正な情報に、適正な時間にアクセスできるようにすることで、完全なコンプライアンス対応を実現します。

Core Securityは、ヘルスケアに関連した機密データを隔離すると共に、攻撃者の標的となりやすい経路をモデル化します。Core Securityでは、特許取得済みの攻撃経路プランナー (attack path planner) を使用し、既知のエクスプロイトや攻撃パターン、ネットワーク、そしてセキュリティデータと検知した脆弱性との間の関連を明らかにします。IT運用担当者は、重要なヘルスケアアセットへの明白な攻撃経路として、この結果を修正対応計画の策定に向け活用することができます。

Core Securityの特長:

Divider text here

ITコストの削減

自動化されたシステムによって、あらゆる業界のセキュリティチームが1レコードあたり最大398ドルのオーバーヘッドを節減できるだけでなく、脆弱性およびアクセスリスク管理システムがセキュリティ侵害のリスクを低減することで、100万ドルにも上るセキュリティ侵害による損害を避けることができます。

脅威の標的を縮小

常に数千のクライアントレコードを抱えている企業もあれば、病院のように、現在と過去を合わせて数百万のレコードを保持している施設もあります。これらのレコードに対し、適正な人物だけが適切にアクセスできるようにすることで、レコードが不正にアクセスされるリスクを低減することができます。

ガバナンスとコンプライアンス

Core Securityでは、HIPPA、HIMSS、その他の業界の規制要件を十分理解しており、お客様企業は、Core Securityのソリューションによって、自らの組織に内在する潜在的なリスクをプロアクティブ(予防的)にモニターし、HIPPAやその他の業界監査に対するリスク評価に対応することができます。

効率向上

自動化システム、脆弱性とアクセスリスクの優先順位付け、そしてプロアクティブ(予防的)なモニタリングソリューションによって、常にシステムの状態が監視され、問題があればアラートを受け取ることで、ヘルスケア企業は、本来の業務である患者への対応に集中することができます。
rvVd0000ppp{

詳しく知る

Divider text here
Core Securityによって、どのようにヘルスケアレコードが守られるのかについては、こちらをご覧ください。
お問い合わせ