Financial Services

金融サービス

Divider text here
銀行や金融センターが預かっている対象は、決して現金だけに留まりません。Core Securityは、銀行や金融センターにおける脆弱性やアクセスリスクの管理を支援します。 
詳しく知る

金融サービス業界概要

Divider text here
金融セクターは、厳しいコンプライアンス要件を遵守しながらも、現実的には、サイバー攻撃、サイバーテロや敵対国にとって価値ある標的となっています。SOXをはじめとする業界規制に従いながら、金融コミュニティで得た信用を維持する必要がある銀行や金融機関は、迅速に脅威を検知し修正対応を行う必要があります。

Core Securityでは、企業内のアクセスリスクや脆弱性リスクを特定するだけでなく、その優先順位付けを行うことができます。高度な脅威や標的型攻撃は、依然として金融サービス機関におけるITセキュリティの堅牢性を試し続けているのです。

金融サービス組織に対するCore Securityのソリューションは、単に監査に合格することだけを目的にしたものではありません。Core Securityのソリューションは、継続的で包括的なモニタリングによって、完全なコンプライアンス対応を実現し、金融機関がアクセスリスクや脆弱性リスクを検知、阻止、修正できるよう支援します。

機能

Divider text here

脅威の対象を縮小

クレジットカード番号をはじめとする金融情報は、他のどんなレコードよりも多くの盗難に遭遇しています。これらのレコードに対して、適正な人物だけが不正なくアクセスできるようにした上で、内部と外部両方の脅威を継続的にモニタリングすることで、これらのレコードに対するセキュリティ侵害が発生する機会を減らすことができます。

効率の向上

Core Securityのペネトレーションテストツールには、他のどんなシステムよりも多くのCVEが含まれており、各テストによってほとんどの脆弱性をカバーすることが可能です。またCore Securityの自動化システム、攻撃経路モデリング、継続的モニタリングソリューション、リスクの優先順位付け機能などによって、常にシステムを監視し、問題があればアラートを受け取ることで、金融機関は、その本来の業務である顧客対応に注力することができます。

ガバナンスとコンプライアンス

Core Securityでは、SOXやPCI、その他の金融業界のガイドラインなどの規制要件を十分理解しており、金融機関は、Core Securityのソリューションによって、自らの組織に内在する潜在的なリスクをプロアクティブ(予防的)にモニターし、完全なコンプライアンス遵守を実現することができます。またリスク評価や統制活動、情報とコミュニケーションなどに関する業界規制にも対応することができます。

ITコストの削減

自動化されたシステムによって、セキュリティチームが1レコードあたり最大215ドルのオーバーヘッドを節減できるだけでなく、脆弱性およびアクセスリスク管理システムがセキュリティ侵害のリスクを低減することで、数100万ドルにも上るセキュリティ侵害による損害を避けることができます。 

リソース

Divider text here

詳しく知る

Divider text here
Core Securityによって、どのように金融業界が守られるのかについては、こちらをご覧ください。
お問い合わせ